メダカの卵

産卵当日のメダカの卵

メダカを殖やす際、昔はホテイソウや金魚藻に卵を付けさせていたものだが、最近では採卵用の様々なグッズが使用されている。

プカプカと浮く形にして毛糸や繊維素材にメダカは卵を付けるので、それを別容器に移して孵化を待つが、死卵はカビたりして周りに影響が出ることもある。

細かな作業だが、付着した卵を集めてガーゼやキッチンペーパーの上で転がすようにすると余計なゴミやダメな卵を取り除くことができる。
メダカの卵は指でつまんだくらいでは割れない。むしろそれで潰れるような卵は良くない卵である。
ひと手間ではあるが、こうすることでグッと孵化率もあがるのである。

クリーニング後の卵は光を反射して宝石のようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です