サンショウモ

以前にオオサンショウモと混同したことのあるサンショウモ

水田などに発生する浮き草の仲間として知られるが、他の浮き草と比べると野外で見る機会は少ない。
葉は3枚ずつ輪生して次々と伸びていく。

一見すると2枚が連なっているように見えるが、2枚の浮き葉と1枚の水中葉で構成される。

上から見えない1枚は、常に水面下にあり、細かな根状の水中葉になっている。

こちらはオオサンショウモの小型化したもの

本来のこんもりとした肉厚な姿にならず、小さな葉で増えていくことも多く、混同されやすい。見慣れれば、葉のつき方や表面の雰囲気などの違いがわかるだろう。

サンショウモの育生は他の浮き草同様に難しいことはないが、明るい環境が望ましい。
こちらは屋外の容器

しっかりとした葉を次々と展開している。
一方、室内の容器のものは

葉の数は増えてはいるものの、細かく見るからに不安定な感じである。より強い照明器具などを設置すれば改善されるだろうが、やはり日光の力は大きい。
健康な葉は1枚が1センチほどなので、メダカの容器に入れるのにもちょうどよい。ある程度増えたら、簡単にちぎれるので他の容器に移せば増えていく。形も独特なので、よいアクセントになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です