黒子に白子

様々な色合いが見られるメダカたち。生まれたてのメダカの仔魚の色のイメージとしては、透明感が想像できるのだが

こちらの発眼卵はフ化間近であるが、黒みが目立つ。
親はこちら

一際黒い体色で注目されたオロチ。室内で飼っていても黒が薄まらないという、それまでのブラック系メダカの常識を覆した品種である。

フ化したてでも黒さの目立つ姿である。
こちらはアルビノの発眼卵

アルビノだけあって、眼が黒くないことが卵の中にいてもわかる。

フ化すれば、よりその違いがわかる。体は他の多くの品種のように透けた感じだが、眼の黒さがないので頭も白っぽい。
こちらは幹之の仔魚

黒体色でないため体は透けているが、眼は黒いのでそこが目立つ形になる。
こんなサイズでも区別はできる。特にアルビノは頭の白さが目立つので、殖やした中に出現したら、すぐにわかるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です