RREA丹頂プラチナの幼魚たち

昨年末に入手したRREA丹頂プラチナ…

この5週間で約50匹の稚魚が採れた。ほんの4日前に30匹ほどを産仔してくれたので、ひと安心である。

このRREA丹頂プラチナで欲しいところは、吻端の赤いところで、ここは是非とも欲しいところであった。

こちらは昨年末に持ち腹で産仔された稚魚6匹のうちの1匹である。まだサイズは2cm弱だが、吻端の赤さが現れ始めていた。

こちらも吻端の赤さが現れ始めていたもう一匹

だが、

こちらの個体は吻端に赤さが現れていない。

こちらもである。

全部で6匹生まれた時の幼魚たちなので、これで確率がどうのこうのと言える訳ではないのだが、今回の6匹は1/3の確率で吻端に赤さが遺伝していた。

「???」

「こんなものなの?」と思い、Guppy Base-Book Vol.2のデスクを勤めた(株)スドーの佐藤昭広氏に電話!

「丹頂の吻端の赤さってXにもYにも乗ってるけど、遺伝率ってどうなの?」と聞くと…

「意外に低いみたいですよ!何割かって話です。自分で検証した訳じゃないんではっきりとは言えませんけど」とのこと…

「そんなもんなんだ!丹頂ってどういうことなんだろうね!」で今いる稚魚たちをしっかりと育てて、雌雄比も見てみることにした。

大万さん、間違いなく数は採れてるんで、もうちょっとお待ちを!(笑)

「RREAフルレッドにしても、あの赤さがどういう出現をするのか?今、スケッチ取ってるんだよ!」と伝えると、「あれも色々ありそうですものね!」

新たな品種作りのための遺伝子集めをしていたと思ったら、一品種ずつの遺伝率を調べないと行けなくなってしまった(汗)

でもこれがグッピーの面白いところであり、難しいところなんでした!

RREA丹頂プラチナの幼魚たち” に対して1件のコメントがあります。

  1. nari211 より:

    fmb様、お疲れ様です!
    これは出現率がかなり低そうですねぇ!((+_+))
    せいぜい良くて20%??
    いやっ、もっと低い水準かも知れませんねぇ!
    我が家はまだ仔が採れてません!(+_+)

  2. fmb より:

    nar*21さん、こんにちは!
    まさか吻端の赤さの遺伝率がこうも低いとは!?^^;
    まずは数採りして、良い次期種親を確保することを優先させます!

    まだ採れてない?それはそれは(^。^)

  3. 藤田 達也 より:

    fmbさん

    こんにちは😃らんちゅうもそうですがグッピーの色の固定化や出現率も低く思うように出すのは難しいのですね!やはり沢山の産卵させてそこから選別淘汰して頑張るしか無いのですね!

    【藤蘭】

  4. fmborussia より:

    藤蘭さん、こんにちは!
    グッピーは世代交代が早いんで、遺伝率が多少低くても、何とかしようと思えばなりますけど、らんちゅうは一年に一回ですからね!
    もう2017年のらんちゅうシーズンは徐々に始まってきてますよね!
    藤蘭さんのらんちゅう、今年はしっかり見せていただきますね!

  5. 大万 より:

    こんばんはfmbさん
    待ってます。
    暖かくなった方が飼い易いしね(笑)

    1. fmborussia より:

      大万さん、こんばんは!
      こちらのブログへの大万さんからのコメント、ありがとうです!(^.^)
      今日か明日にもう1匹のRREA丹頂プラチナのメスがやっぱり30ぐらいは産仔しそうなんで、いよいよ春には量産体制になります!って水槽ないんで、計60匹を育てていいヤツを送ります!
      ちょっと出現率見てみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です