ゴーストザリガニ 成長中

親から独り立ちしたゴーストザリガニの子供

幼い感じだが、姿はしっかりザリガニである。
画像だとサイズがわかりにくいが、1センチには届かないくらい。

金魚藻に乗るとこれくらい。
ここからはひたすら食べて成長していく。
一週間もするとサイズは倍近くなっている。

頭胸甲の色素もどんどんと濃くなってくる。

ただ、単純に成長を喜んでもいられない。
旺盛な食欲と共に小競り合いや共喰いも始まってしまう。
ふと気づくと

すでに両ハサミを失っている個体も。
成長するのに脱皮が必要なザリガニは、その時が一番無防備な状態である。飼育密度が高ければ、リスクはさらに高まる。
なるべく広い場所で隠れ家を多めに入れて管理したい。

アナカリスをごそっと入れた容器で飼育中。
ちらほらと見え隠れする程度なのが難点ではあるが、あまり欲張っても飼いきれないのは経験済みであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です