ゴーストザリガニ 稚ザリガニ

いよいよ子供たちの動きも活発になり、独立の時期にきたようだ。

稚ザリガニたちの活動範囲もどんどんと広がっていった。
一部はまだメス親の腹肢にぶら下がっているが、前ほどのボリュームにはなっていない。

ぴょんと跳ねて

親から距離をとるように離れていく子も。

離れだした頃はすぐに親の元に戻ったり、親も子供を集めるような雰囲気があったが、今ではあまり気にしていないようだ。
かえって邪魔に感じているような姿も見られる。

親の頭にチョコンと

微笑ましい姿だが、子供にとってはただの物というか、体表面のゴミを餌場としているようで、親は振り払うような仕草も見せていた。
こうなったら親は取り出して子供だけの飼育に切り替える。

もう姿はしっかりザリガニ。
旺盛な食欲を見せていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です