ゴーストザリガニ 交接ならず

ザリガニの交接は、よほどオスがメスより小さい以外、健康な雌雄が揃っていればうまくいく。
オスがメスを押さえつけるようにするため、ある程度の大きさとパワーが必要になるからである。
ただ、大きさも元気もしっかりしているのに、うまくいかないオスがいる。

奥がオス。フルアダルトではないが、問題なく交接ができるサイズなのだが…

メスは交接を受け入れるように、明日の前で両手を伸ばしている。

これをオスはひっくり返して交接する。
なんだけど、うまくメスのハサミを掴めない?

ようやくひっくり返すも自分から体を合わせるようにしない。ハサミだけでなんとかしようとしていた。

本来なら、ハサミをしっかりと掴みながら、即体を合わせるようにして交接するのだが、どうにも進まない。

そうこうしているうちにメスは起き上がり、離れていってしまった。
オスが追いかけるも、石の間に入ってしまって終了。

メスがこの手を伸ばす受け入れ態勢をとらなくても、オスが捕まえてひっくり返すことで交接することもあるのがザリガニ。
うまくいかないこともあるのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です