幹之メダカ

 “幹之メダカ”は、それまでのメダカに見られなかった特徴を持つ、突然変異で出現したと言える系統になる。最大の特徴は背部に青みがかった銀色の発色を見せる点である。

 この輝きは、虹色素胞によるグアニンの輝きによるものになる。“幹之メダカ”が初めて世に出たのは、2007年の日本メダカ協会が主催した第一回めだか品評会であった。愛媛県の菅 高志氏が“背中光強メダカ”の名称で出品された。品評会時はガラス水槽で横から見る展示であったため、特徴である背の輝きが見えにくく、さほど注目されなかったが、その後、広島県『めだかの館』によって広められ、菅氏の娘さんの名前に因み、“幹之メダカ”の呼称が付けられた。

 当初は、その最大の特徴の背部の輝きは、背ビレ前に点状に入る程度で、“点光”や“弱光”、“強光”といった具合に輝きの広さでランク分けもされていた。その輝きを伸ばすべく選抜累代が進められたことで、今では口先から尾の付け根まで背部全体が光り輝く姿に仕上げられている。

 最近では、こうした輝きが部分的に入る程度の表現を見ることは少なくなっている。それほどまでに“幹之メダカ”は進化している。さらに“幹之メダカ”と他品種を交配することによって、特徴である背部の輝きを移行させた様々な人気品種が作られるようにもなった。多色の表現で体外光を持つ最新品種の人気は当然のように高いのだが、“幹之メダカ”そのものの美しさは、“楊貴妃メダカ”と並ぶ改良メダカの基本形だと言える。“幹之メダカ”にこだわり、長く累代を進めているプロも多い。最新品種に比べて安価で入手できることから軽んじられていることもあるが、しっかりとその魅力を噛み締めてほしい存在だと言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


新着書籍情報(書籍注文はこちらから!)

COVER1-4Medaka13finish

メダカ百華第13号(空輸分完売、6月23日より販売再開)

¥2,400(税込)
詳細を確認
MedakaCatalog3

メダカ品種図鑑 III

¥2,400(税込)
詳細を確認
32F464FF-6C3D-4373-9B90-A388D7286A84

メダカ百華第12号(2021年12月28日発送再開)

¥2,400(税込)
詳細を確認
Ninkino

人気の改良メダカ 上手な飼い方

¥2,000(税込)
詳細を確認
MedakaPFEX01

Medaka ProFile EX 01 メダカの飼い方

¥1,000(税込)
詳細を確認
IMG_8691

メダカ百華 第9号

¥2,400(税込)
詳細を確認
IMG_6384

メダカ百華 第11号

¥2,400(税込)
詳細を確認
MedakaShiiku

一歩進んだ 改良メダカ 育て方・殖やし方

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medahyaku10

メダカ百華 第10号

¥2,400(税込)
詳細を確認