惹かれた品種 “小川ブラック”

 発表されたのは2009年という古くから知られる品種である。

 小川祝治氏のメダカを元に、愛知県『めだか倶楽部クリーク』が選別淘汰をして系統としてまとめあげて発表した品種である。当時は、まだ改良メダカとしてはヒメダカ、楊貴妃、アオ、シロ、ブラックといった感じで、カラーバリエーションはごく少なかった。黒い色のメダカとしては、ブラックメダカが流通していたが、この“小川ブラック”を見た際、「黒い!」と感じたもので、それまでのブラックメダカが灰色の濃い姿のように思えてしまった記憶がある。

 オスは特に腹ビレが黒く染まり、それもアクセントになっていた。

 メスでは腹ビレには色が乗らず、すっきりとしたイメージを受けた。黒い体に青く輝く目も特徴的であった。

 今では“オロチ”という黒の最高峰がいるが、当時はこの“小川ブラック”の黒さに強く惹かれた。まだメダカを撮るにも、上見ではなく、水槽での横見が基本となっていた時であったが、ブラックメダカが日の当たらない水槽飼育では、すぐに色褪せてしまっていた。この“小川ブラック”は、それまでのブラックメダカに比べると、黒みが落ちにくかった想い出があり、水槽飼育を楽しんでいた。それでも、屋外で陽の光に当たって育った個体の黒さはやはり濃く、陽当たりの大切さを教えてくれた品種でもあった。最近では多くの品種が紹介され、漆黒の品種もおり、本品種の扱いは減ってしまっているが、やはり忘れてはいけない品種である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新着書籍情報(書籍注文はこちらから!)

IMG_6384

メダカ百華 第11号 (2021年5月13日より発送開始)

¥2,400(税込)
詳細を確認
MedakaShiiku

一歩進んだ 改良メダカ 育て方・殖やし方

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medahyaku10

メダカ百華第10号

¥2,400(税込)
詳細を確認
COVERMedaka9

メダカ百華 第9号

¥2,400(税込)
詳細を確認
OutsideCoverCatalog2

メダカ品種図鑑 II 改良メダカ352

¥2,400(税込)
詳細を確認
KINDEN36

金魚伝承第36号

¥3,700(税込)
詳細を確認
Medaka8

メダカ百華第8号

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medaka7

メダカ百華 第7号

¥2,393(税込)
詳細を確認
COVER1-4Medaka22

メダカ百華第6号

¥2,350(税込)
詳細を確認