“黒百式”バラエティ

“黒百式”は、全身体内光のタイプである“百式”の黒い色素が多いタイプで、独特な黒みを体内や体表に見せる。黒幹之や“北斗”と全身体内光の交配や全身体内光の選抜交配などで進められている。


体内に滲むような黒さを見せる。この色合いは、他の多くの改良メダカと違い、白容器など明るいバックで見るとよくわかる。

同じ個体だが、黒い容器で見るとまったく別の印象を受ける姿である。全身体内光由来であるが、明るい環境では体内光の輝きは確認しずらくなるのは、他の体内光メダカと同様である。黒バックと白バック、異なる環境どちらで楽しむかの好みもでるところである。



体前半に黒みが集まっている個体。黒バックで見ると、その前半部に体内の輝きを見ることができる。

“黒百式”の表現にもバラエティが見られる。今回の個体たちは、静岡『めだかの里』で繁殖されていたものである。あえてタイプ分けはせずに繁殖させておられたが、様々なタイプがいる群れの様子は見ていて楽しみがある。先のタイプに対し、体外光を持つタイプも特徴的であった。



頭部から尾柄部まで太い体外光を持つタイプ。バックの色合いで輝き方も異なって見える。体外光と体内の黒さが合わさって、青黒い色合いになるのも特徴である。



部分的な体外光を持つタイプ。体外光も体内の黒さも両方を楽しめ、一番見栄えがよいかと感じた姿である。体内光を持つメダカは、体外光が広がると、その特徴が隠れてしまうのだが、黒バックで見るとしっかりと体内の輝きも確認できた。

改良メダカでは、バックの色合いによって多くは体色が変わる。それはメダカが持つ周りの環境に合わせる保護色機能によるもので、特徴的な色合いや模様が薄れてしまうことがほとんどで、魅力を低めてしまうことが多いが、この“黒百式”ではそれぞれで楽しむことができる。その中から黒みを伸ばしたり、体外光を出したりと、バラエティの多さも魅力だと言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新着書籍情報(書籍注文はこちらから!)

COVERMedaka9

メダカ百華 第9号 (9月15日より増刷分再販開始)

¥2,400(税込)
詳細を確認
OutsideCoverCatalog2

メダカ品種図鑑 II 改良メダカ352(2020年7月31日より発送再開予定)

¥2,400(税込)
詳細を確認
KINDEN36

金魚伝承第36号

¥3,700(税込)
詳細を確認
Medaka8

メダカ百華第8号

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medaka7

メダカ百華 第7号

¥2,393(税込)
詳細を確認
COVER1-4Medaka22

メダカ百華第6号

¥2,350(税込)
詳細を確認
KINDEN35COVER

金魚伝承第35号

¥3,700(税込)
詳細を確認
MDK5

メダカ百華 第5号

¥2,350(税込)
詳細を確認
Kinden34

金魚伝承 第34号

¥3,700(税込)
詳細を確認