涼しげな青さの“マリンブルー”

兵庫県の長岡龍聖氏の作出した“マリンブルー”

青幹之スーパー光の中から、通常の青幹之メダカより全体が明るい体色をした個体を見つけられた長岡氏が、その一匹に白幹之メダカを交配し、作り上げられた。最初に発見された1匹がすでに“マリンブルー”に近い表現だったそうだが、より黒色素胞の少ない個体を選別累代することで、こうした涼しげな姿が完成された。

呼称も“マリンブルー”の特徴をしっかり表しており、見た目名前共に魅力的な品種になっている。

鱗目がしっかりとわかる青い輝きは、幹之とはまた違った青みを魅せる。幹之の場合は、太い体外光が目指されるが、“マリンブルー”は、やはりこの青い体を楽しみたい。


やや青みの薄れた個体

白みの強い個体なども見られる。本来が幹之由来のため、青幹之型や白幹之型が得られるが、“マリンブルー”として維持するには白体色を優先するようにして、種を残すようにしたい。しっかりとした選別淘汰を行わないと、本来の美しさを維持することはやや難しい品種でもある。

また、長岡氏の作出した“深海”も青みが特徴の人気品種である。

幹之特有の体外光をなくす形で選抜累代されたもので、内臓を包む内膜の青い輝きがより目立つ姿に仕上げられている。2011年に“マリンブルー”の方が先に広く流通したため、“マリンブルー”の体外光をなくして作られたものが“深海”のように思えてしまうが、長岡氏が作出されたのは“深海”の方が先になる。

体表の青い輝きを楽しむ“マリンブルー”に、体内の輝きを楽しむ“深海”といったイメージだろうか。どちらの品種も、その魅力を十分に楽しむためには、黒色素胞を余計に出さないための白い容器での飼育鑑賞が適している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です