体内光の体外光付き

体内の内臓部分よりも後ろが蛍光色に光る特徴を持つ体内光メダカ。

体内光メダカの中には、幹之由来の背中の輝きを見せる個体もいるが、幹之の場合は、その輝きをどんどんと増す方向へと改良が進められたが、体内光メダカの場合、その輝きが背面を埋め尽くすと、せっかくの体内の輝きが見えなくなってしまうというマイナス要因にもなってしまう。そのため、体外光をなくす方向で選別がされていたが、ある程度の体外光はアクセントにもなる。


幹之で言えば、弱光という表現くらいか。初期の幹之では、背ビレの前辺りが少々光る程度であったが、それくらいの表現であれば体内光の輝きを邪魔しない。

体内の輝きの上に体外光の青が被さる姿は、ぱっと見で目を引く。

体内光の輝きにはバリエーションがあり、黄や赤っぽい表現も見られる。

この個体では青の体外光が頭の後ろから始まって尾まで続くが、このくらいの太さで入ると体内光の表現を邪魔しない。


こちらは頭まで幹之の輝きが入っているが、体後半の体外光が細くなっている。そのおかげで体内の輝きはしっかりと確認できる。

いろいろな表現の個体を見ていると、どれが正解とも言えないとも思える。どんな姿が好みだろうか、人それぞれで注目する部分が変わるものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です