全身体内光の光り方

比較的よく見かけるタイプの全身体内光メダカ

独特な体内の輝きを見せるメダカで、この色合いは上見でのみ楽しむことができる。体内のグアニン層に光りがあたることで輝いており、横から見るとその輝きはまったくと言っていいほど見えなくなってしまう。最近では体側の光り方にも注目が高まり、改良が進められているが、まだまだ上見向きの品種とも言える。

その光り方も様々な表現が見られる。

オーソドックスなタイプ。頭の後ろから尾柄部までまんべんなく輝きを見せる。


輝きが内臓付近など、体の前半部のみの個体もよく見かける。


色味にもバリエーションが多い。黄色みがかかるのは豪華なイメージか。


こちらは青緑がかった輝きを持つ。その色合いも一律ではないことでより綺麗に見える。


やや赤みの入る紫がかった色合いも見られる。体前半と後半で色合いが変わっていることもある。


体内光メダカはやや透けたような体色をしていることから、体内の輝きがよくわかる。体色や体外光が乗ったり、この個体のように黒い色素が体表に増えてくると、体内の輝きは見えにくくなってくる。このくらいの表現がギリギリだろうか。


さらに体表の色素が増えた個体。ぱっと見はアオメダカやブラックメダカのようでもある。よく見ると体内光も確認できるが、ここまでくると体内光と言うには厳しいとも言える。

体内光の表現のバリエーションは幅広い。自分好みの表現を見いだし、それを集めるように繁殖をして群泳させるのもやりがいがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です