『Azuma medaka』の“スーパー全身体内光”

体内に妖しげな輝きを見せる全身体内光メダカ

黒百式や緑光、鯖など、様々な姿に改良が進められているが、大元となる輝きを見せるタイプだと思って見ていたが、その体内の輝き方が少々違って見えた。福岡『Azuma medaka』の“スーパー全身体内光”

頭部後ろから尾に向かって体内に輝きを見せる。この輝きは上見でのみ確認でき、横見ではほとんどわからないのが体内光の輝きの特徴である。その輝き方が、体後半部に向かうにつれ、ちょっと色味が変化していた。

それというのも、このメダカは単なる全身体内光ではなく、『行田淡水魚』の全身体内光と『メダカワールド』の体内光メダカの交配で作出されているそうである。体後半部の体内が青緑がかった色合いを見せる体内光メダカの輝き具合がこのメダカの体内光にも影響がでて、少し変わった輝きを見せているのだろう。呼称に“スーパー”と入っていたので、体内後半部のグアニンの輝きが頭の後ろまで伸びたスーパー体内光を使われたのかとも思ったが、「全身体内光とノーマル体内光の良さを融合させたい」との組み合わせを選ばれていた。
さらに、体内光を際だたせるために体色が黄色がかった個体を選別累代されてきているそうで、その体色は横見にするとさらによくわかった。

体内の輝きは、横見では残念ながら見えなくなってしまうのだが、その体色は普通の全身体内光とは異なるのがわかる。また、背骨に沿ってうっすらと見える輝きは、普通の体内光メダカの横見でも見えるグアニン層で、この辺りにも交配過程が見てとれた。


ややクリームがかった体色で、体側に青い輝きや黒、白の微小な色素胞を見せる個体もいる。現在、F4まで累代を進められているそうで、この先の進化も楽しみなメダカであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です