全身体内光

体の後半が光る体内光メダカに対し、全身が光ることから全身体内光と呼ばれるメダカ

体前半にある内臓を覆う内膜も独特な輝きを見せることから、体内光メダカとはまた違った雰囲気を持つ。


比較的、ガッシリとした体格や丸みを帯びた顔つきをした個体が多いためか、普通の体内光メダカに比べてごつい印象を受ける。


内膜を包むように守る骨の影響か、前半部に縞状の模様が見えることもある。あるところで言われた「ゴキブリの卵みたい」という言葉が忘れられない。

その内膜の色合いが異なる個体もたまに見られる。

個体差なのか、比較的一律の色合いを見せる全身体内光の中で、この個体は紫色がかった内膜の色を見せていた。こうした色合いが後ろへも広がれば、また違った姿を楽しめるかもしれない。

体側中央に黒い筋を持った個体もよく見られる。

あの“あけぼの”の作者である岡山の小寺氏によって、“北斗”と全身体内光が交配されたことで、黒みを帯びた姿に作られていた。その特徴を伸ばすような改良も各所で進められてもいる。

比較的、バリエーションが少ないように思える全身体内光ではあるが、まだまだ改良は進められているようである。こちらも体内光メダカと共に、追いかけてみたい品種である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です