体内光を再び

体内光と呼ばれるメダカ。

その呼び名が物語るように、体内に黄緑や青の蛍光色の発光部位を持つ品種である。
ぼーっとした蛍光色のような光る姿は、ちょっと人工的なような妖しげな光り方をしている。この光りは、体内にあるグアニン層が光を反射しているためで、上見ではこうした光を見ることができるが、水槽などで横から見ると、この光り方を確認することはできない。上見での鑑賞に特化した品種のひとつである。

この蛍光色の輝きは、まるで人工的なもののようにも見え、発表された当初には、「遺伝子操作で作られたのでは?」と疑われたこともあった。それというのも、日本ではカルタヘナ法という法律があり、遺伝子操作による生物の飼育が禁止されている。
過去には、台湾でサンゴの遺伝子を組み込んだ“蛍光メダカ”が作られ、一時期、鑑賞用に流通したのだが、その後、飼育や所持が禁止された経緯があった。

こちらがその当時の“蛍光メダカ”。その色合いは、妙な不自然さはあったものである。

体内光メダカは、遺伝子操作とは無関係と証明されており、飼育にはなんの問題もない。しかし、当初はこの独特な姿から話題になっていたものであるが、今ではより派手な全身体内光メダカなどの登場により、やや見る機会が減っている品種になってしまった。

幹之メダカ由来の体外光を見せる個体もいる。体後半部の体内に発光を見せるため、あまりこの体外光が大きくなってしまうと、本種の特徴である体内の光を隠してしまうことになる。幹之としてはグレードが低くなる体外光が細かったり、点状に入るくらいであれば、よいアクセントになるものである。

独特な蛍光色を見せるのが魅力であるが、昔の方が光り方の色合いも、より美しかった記憶もある。この他種にはない色合い、また追求してみたくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です