夜桜交配 ×ウコンカブキ

岡山の夢中めだかで交配が進められているメダカの「夜桜×ウコンカブキ」。
“ウコンカブキ”は、愛知県の岡崎葵メダカの天野氏が作出された幹之系の品種“カブキ”に天野氏ご自身がオーロラ黒幹之を交配して累代されている品種である。
“夜桜”、“ウコンカブキ”共にオーロラの血統を持っていることから、この組み合わせを考えられたそうで、やはり体外光を載せる姿を目標のひとつとされている。これらも生後三ヶ月に満たない幼魚たちで、やっと2cmに届くかというサイズであったが、魅力的な姿を見せていた。

“夜桜”の雰囲気を見せるが、体色はやや白っぽい個体。体外光はすでにしっかりと出ている。比較的数は見られた。


“ウコンカブキ”から受け継いだろう橙色の色合いを見せる個体。この色合いを持つ個体はやや少なかったか。


“夜桜”の黄色型の由来と思われる体の色合いを持つ。青みを帯びた体外光との対比が涼しげで美しいと感じた個体。


上の個体と近い表現であるが、頭が黄に染まるか染まらないかでだいぶ印象が変わる。


一番気になった個体。やはり“夜桜”の黄色型系だろうが、黄は頭部のみで、体は青灰色である。そこに同系色だが、体外光が映えていた。

夢中めだかでは、こうした掛け合わせをする場合、F1はそれほど数を多くは採らないそうである。それはどうしても次世代のF2でばらけるためで、F2で出た多くの表現から先に伸ばす表現を見いだされている。この「夜桜×ウコンカブキ」たちもF2である。さて、どの表現を育て上げて固めていかれるのか、こうした魚たちを見せてもらうと、次の来訪がやはり楽しみになるものであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です