東天光を作ってみる

東天光のニックネームで知られる楊貴妃のヒカリ体形品種。
古くから知られる代表的な品種である。自分も好きな品種であるが、何年、しっかりとした個体の入手が難しくなってきている印象がある。最近の注目である多色の品種に比べると、単色だったり、体外光がなかったりとするが、しっかりとした色合いと体形をした東天光は、最新品種にも負けないと思っている。
そこで、手に入りづらいのならば、自分で作ってみようということである。
用意するレシピとしては、まずは楊貴妃

メスを用意した。
そして琥珀ヒカリのオス

楊貴妃の体色で、ヒカリ体形にする作業である。

オスメスが揃えば、することはどのメダカも同じである。卵を採って、稚魚を得る。

室内育成なので、色合いは薄い。気温も上がってきたので、外へも出せるようになるだろう。交配の1代目、F1としては、見事に楊貴妃体色だけであった。
外に出す前に、奇形や成長不良などの個体を外してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です