女雛の稚魚

細く儚げな仔魚もだんだんと育ってきて、1cmほどの稚魚サイズになってきた。

まだ色は出てこないが、体の感じは白っぽいのと黒っぽいのがなんとなく確認できる。
黒っぽい稚魚

基調色は白っぽいが、全身に細かく黒い色素が散らばっているのがわかる個体。
基調色が青黒いような稚魚

薄めな黒い色素が少し入っていた個体。
こちらのタイプで一番目立っていたのが

オーロラ血統の頭の模様も濃く、黒い色素も部分的に集まっていた個体。光の当たり方で体外光?と思わせるような輝きがチラリ。

白っぽいのはぱっと見、目立つ。

オーロラ血統の頭部の模様もくっきりと見え、黒い色素も正中線にまとまっていた。
頭部の模様が薄い個体も見られた。


頭の模様が薄い個体は、体に入る黒色素も少ないようであった。
白グループで目立った個体

頭の黒がはっきり入り、体にはラメもちらほらと見えていた。

さて、特徴である柿色は果たしてどのくらいで出てくるのか?
楽しみにしながらも不安も感じるものであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です