全身体内光が到着

体内のグアニン層が独特な光り方を見せる体内光メダカ。初期のものは体の後半に光沢を見せる姿であったが、改良が進められ、胸ビレより後ろすべてに光沢を持つ全身体内光が作出され、体内光メダカの人気を牽引している。

そのなんとも言えない怪しげな光沢は、グアニン層による光の反射光で、水槽などで横から見ても、ほとんど確認することはできない。上見での鑑賞に特化した品種と言える。

一口に全身体内光といっても、その表現はバラエティに富んでいる。

頭の後ろの内臓を包む内膜、そこから尾の付け根までが光る基本的なタイプ


光の色合いにも差異が見られる。黄色っぽい色合いが多いが、オレンジや紫がかるものなどもいる。

光がまばらに入るものもいる。明滅するわけではないが、そんな風にも見えてしまう。

埼玉・行田淡水魚の作出した“北斗”を交配することで、背中線に黒みを帯びる全身体内光も見かける。

体内光の輝きの範囲を広げる方向の改良が進められた全身体内光であるが、浜松・猫飯の緑色に輝く“緑光”など、色味にも注目された品種の作出も進められている。
文字通り、頭部以外の全身が光輝く姿になった体内光メダカであるが、まだまだ改良は続けられている。今回の全身体内光たちも、単にこのタイプを殖やそうというのではなく、他種との掛け合わせ用に入手したものになる。追ってお知らせしていきたい。

おすすめメダカの書籍

メダカ百華第6号

メダカ百華 第5号

メダカ品種図鑑 改良メダカ273

メダカ百華 第4号

メダカ百華 第3号

Pro File100 別冊 メダカの飼い方

メダカ百華 第2号

手に取るようにわかる メダカの飼い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です