磯のスジエビ

磯の潮溜まりで、ヤドカリやカニと共によく見られるエビの仲間。なかでも特に多いのがイソスジエビ

透明な体に黒い縞模様を持つ姿で、よく見かけるえびである。
こちらはアシナガスジエビ

潮溜まりでは混生しており、模様もそっくりなことで、どれもイソスジエビと思われがちではあるが、大きく違うのが目の間から角のように伸びている額角である。
イソスジエビの額角

アシナガスジエビの額角

イソスジエビがやや上向きなぐらいなのに対し、アシナガスジエビは非常に長く、より上向きで色みも濃い。
見慣れてくれば、潮溜まりにいるのを上から見ても見分けられるようになる。

どちらも水槽内では活発に動き、残った餌を食べてくれるなど、掃除役としても活躍してくれる。
ただ、一緒に飼うと、やや大きめなアシナガスジエビの方が強いようで、イソスジエビは隅の方に追いやられていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です