“夜桜”、“女雛”を作出された垂水政治氏が、これらの発展型として作出したのが“煌(きらめき)”である。

“女雛”がほぼ固定できたと判断された垂水さん、「“女雛”の最終形」として、2016年末から“女雛”と“夜桜”を交配し、体外光を持つ“女雛”の作出に取り組まれた。当初は「“女雛”、“夜桜”シリーズ」として発表されたが、後に“煌”のハウスネームを名付けられた。以前にもこの呼称が付けられた別のメダカはいたのだが、今では“煌”と言えば垂水氏作出のメダカとして認知されている。

“女雛”の柿色表現と、そこに入る体外光を持つ美しい姿は、多くの愛好家を惹きつけた。しかし、オーロラ血統の多色表現のメダカには、体外光が乗りにくいという性質があるのが悩ましいところである。基調色の淡い方が体外光が乗りやすく、濃い体色では体外光が乗らなかったり、見えにくくなってしまうことが多い。そのため、“煌”の名で扱われていても、体外光のない個体が多く見られる。“夜桜”からの血統により、ラメ表現も受け継いでいるのだが、ラメが多く入っていても、それは体外光とは違う表現で、“煌ラメ”なる呼称も見られるが、本来の“煌”は体外光の品種である。


 “女雛”に体外光が入ったのがよくわかる個体

 体色の明るい個体の方が体外光はしっかりと太く乗る傾向がある。“女雛”に比べると明るい体色であるが、柿色を呈した姿はやはり美しい。しっかりと体外光の乗った“煌”を作出するのは、なかなか難しいということを実感するが、それだけ取り組み甲斐のある美しい系統である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


新着書籍情報(書籍注文はこちらから!)

COVER1-4Medaka13finish

メダカ百華第13号(空輸分完売、6月23日より販売再開)

¥2,400(税込)
詳細を確認
MedakaCatalog3

メダカ品種図鑑 III

¥2,400(税込)
詳細を確認
32F464FF-6C3D-4373-9B90-A388D7286A84

メダカ百華第12号(2021年12月28日発送再開)

¥2,400(税込)
詳細を確認
Ninkino

人気の改良メダカ 上手な飼い方

¥2,000(税込)
詳細を確認
MedakaPFEX01

Medaka ProFile EX 01 メダカの飼い方

¥1,000(税込)
詳細を確認
IMG_8691

メダカ百華 第9号

¥2,400(税込)
詳細を確認
IMG_6384

メダカ百華 第11号

¥2,400(税込)
詳細を確認
MedakaShiiku

一歩進んだ 改良メダカ 育て方・殖やし方

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medahyaku10

メダカ百華 第10号

¥2,400(税込)
詳細を確認