メダカの卵が消える?

 最低気温も18℃を超えるようになり、メダカ達は活発に行動し、産卵をしている。

 お腹に卵を付けたメスを見ることができる。卵を産んだメダカは、しばらく卵を付けたまま泳ぎ回っているが、水草などの障害物の間に入っていき、その卵をこすりつけるようにして付着させていくので、やがてお腹から卵はなくなっていく。効率よく殖やすためには、産卵床などを入れておき、そこに卵を付着させてから回収するのが一般的になっている。ただ、卵を持っていたのを確認していたのに、産卵床に卵が付いていなかったり、ごく少数しか付いていないということもある。そんな時は、親メダカが卵を食べてしまっていることが考えられる。

 ほ乳類や鳥などと違い、メダカは子供の世話をしない。むしろ、自分で産卵した卵すら餌になってしまう。複数が入っている容器では、産卵したメス以外の個体がすぐに卵をつつくこともあり、お腹から離れた卵は、産み付けた親個体が食べてしまうこともある。そうしたことを踏まえ、あまりに卵の残り具合が悪いようであれば、産卵床をこまめにチェックして取り出すようにする。
 また、卵がうまく産卵床などに付着せず、水底に落ちてしまっていることも多い。

 これはたまたま砂利の上にあったので見つけやすかったが、砂利の間などに入ってしまえば、発見は困難である。なにも入れていないベアタンクならば見つけやすいかもしれないが、メダカの卵はごく小さく、ゴミなどに紛れてしまうことも多い。そうした際には、「親抜き」という具合に、その容器から親メダカを取りだして、そのまま卵のフ化を待つというやり方もある。卵の付いた産卵床を取り出す方法よりも、落ちている卵も救えることで多くの稚魚がフ化することもある。いろいろなやり方を試して、自分なりのやりやすい採卵法をしてみるとよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新着書籍情報(書籍注文はこちらから!)

MedakaPFEX01

Medaka ProFile EX 01 メダカの飼い方

¥1,000(税込)
詳細を確認
IMG_8691

メダカ百華 第9号(2021年6月25日重版分販売再開)

¥2,400(税込)
詳細を確認
IMG_6384

メダカ百華 第11号

¥2,400(税込)
詳細を確認
MedakaShiiku

一歩進んだ 改良メダカ 育て方・殖やし方

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medahyaku10

メダカ百華 第10号

¥2,400(税込)
詳細を確認
OutsideCoverCatalog2

メダカ品種図鑑 II 改良メダカ352

¥2,400(税込)
詳細を確認
KINDEN36

金魚伝承第36号

¥3,700(税込)
詳細を確認
Medaka8

メダカ百華第8号

¥2,400(税込)
詳細を確認
COVER1-4Medaka22

メダカ百華第6号

¥2,350(税込)
詳細を確認