『第二回F2グランプリ』開催要項について

10月27日に行われる『第一回F1グランプリ展示会』、次回は、「紅薊、乙姫と何か別のメダカを交配するF2まで育てたメダカ」をテーマに参加者を募りたいと思っております。

今回のメダカくじは多くの方々から注目いただいておりますが、その売上金は、来年の広めのイベント会場の借用のために利用させて頂く予定でいます。

この「紅薊、乙姫と何か別のメダカを交配するF2まで育てたメダカ」の展示、品評会は、来年のイベントの一部で、それ以外に、「楊貴妃、どれだけ赤いか?」、「白色のメダカ、どれだけ白いか?」、「透明鱗三色、どれだけ柄が美しいか?」、「ラメ幹之、どれだけラメがきれいか?」など、楽しみながら、真剣にメダカを育てる内容の品評会が出来たら!?と考えております。
また、全国の著名なショップ様、作り手の方々の販売会まで出来れば!?まだ決定したことは何もないが、夢は実現に向かって止まらずに進めるだけである。ただ、『第二回F2グランプリ展示会』は決定である。

この「紅薊、乙姫と何か別のメダカを交配するF2まで育てたメダカ」への参加資格は、異品種交配を楽しみたい方、そして、その種親、F1の写真をしっかりと撮影して、データとして送付くださる方という以外は自由です。データは良い写真が揃うことを期待して、『メダカ百華』に掲載するため、JPEGデータで5MB以上の画像を保存ください。また、写真撮影が苦手という方は、人数にもよりますが、宅急便にての発返送をして、当社で撮影することも可能です。ただし、その際は、発返送の宅急便送料は参加者の負担となります。

もちろん、著名な方々も参加いただく予定ですが、目的は「楽しみながら、新たな表現を持つメダカを作る!」ことなので、是非、参加してみたい方はこのブログにコメント頂くか?会場でお声をおかけください。

異品種交配は、結果が見えているものではない。必ず美しいメダカが出来るとは限らないし、楽しむことが大切である。是非とも積極的な参加をお待ちしております。

さて、イベント当日、「ウチにいる変わったメダカを見てもらいたい!」と思う方がおられましたら、個人の責任の元、ご持参くだされば、撮影させて頂こうかと思っています。そして、メダカの写真撮影の方法についても、当社の東山がアドバイスに応じてくれるかと思います。

この「F1グランプリ」を通じて、メダカ愛好家が集い、メダカ談義に華を咲かせる…それこそがこのイベントの主な目的である!

是非、楽しんで頂きたいし、来年の10月第四日曜日、紅薊、乙姫血統を用いてF2まで育てていただければと思っている!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です