夏の陽が戻った第27回観栄らんちう会品評大会

新会場になってから雨続きであった観栄らんちう会だったが、今年は晴天に恵まれた。
それどころか前日までの肌寒さはどこへやら、気温もぐんぐん上がり、終わってみれば汗だくだわ首筋は日焼けするわの夏日であった。

早速受付開始。赤い軍団が登場

やはり当歳は花形。次々と魚が控え池に

体格のよい魚が目立つ。

審査が始まるまでは魚談義

テカリ具合に気合が感じられる(^^)

審査開始

二部門が二列になる配置。
ちょっと間が狭かったか、点数盤に運ぶ魚係のかたが大変そうだった(^_^;)

二歳と親は同じ審査員の方々

お一人の方の顔が心霊写真のように(゚o゚;;

一次審査で点数分けされた後は合議制で決められていく。

親も二歳も年々出品数が増えている。

親魚 東大関 五十嵐 稔氏

二歳魚 東大関 小山徹志氏

当歳魚審査

当歳魚 東大関 鈴木和也氏

進行もスムーズで、昼前にはほとんどの魚があがった。

その後は入賞魚を前にしての魚談義

祝福の言葉や今までの苦労話、そしてこれからのこと、誰もが最も楽しんでいる時間。

そして最後のお楽しみ、表彰式。
お米に人工飼料、飼育器具などの賞品がずらりと並ぶ。

このお米のパッケージの片隅が話題になっていた(ー ー;)

赤い軍団もたんまりの戦利品

そしてこの日の注目人が

当歳魚 立行司 鈴木友来氏

今シーズン渇望されていた優等を二席獲得!
攻めの姿勢を貫いた魚は話題の中心になっていた。

さすが中部という作り勝負が繰り広げられていた。

その他の主な入賞魚はこちらへ

日本らんちう協会中部本部 静岡県支部 観栄らんちう会 第二十七回品評大会 平成29年10月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です