平成29年度 日本らんちう協会東部本部大会

昨日、東京、芝公園にて平成29年度日本らんちう協会東部本部大会が開催された。

台風18号の影響で各地で品評大会が中止になる中、昨日は午後5時までは関東地方は影響が小さい予報の中、開催された。

前日の準備も雨には降られなかったのだが、実は土曜日の夜から台風に巻き込まれるように関東地方は大雨(大汗)しかも結構、強い雨(汗)

「おいおい、雨の中の撮影は覚悟はしているけど、ここまで雨脚が強いのかぁ?」と不安になった。

昨日の朝は『生麦海水魚センター』の藤川夫妻と東山と7時過ぎに合流して芝公園へ!夜中の強い雨は弱まっており、少しホッとした。

雨の日にだけ使う、BVBのデッカい傘を持って会場入り!到着と同時にレインコートで完全武装!カメラをタオルで巻いて濡れるのを防ぐようにしながら、会場に出ると小雨!

台風の影響を考慮して予定を前倒しをしていくことになり、小雨の中、記念集合写真を撮影することが出来た。この重要な写真さえ撮れれば、ひと安心であった。

矢作東部本部長の開会挨拶で本年度の東部本部大会が開催!

台風の影響もあって例年に比べれば参加者、出品魚も少なめであったが、この天候の中で出品された魚からは、本気度が感じられた。

 

午前10時から審査が開始された。

 

こちらは当歳魚の審査場。

 

そして、優等魚を決める格付け審査が行われ、各部門の優等魚が決定した。

親魚の部 東大関 黒澤義男氏出品魚

素晴らしい親魚であった。全国大会での活躍が楽しみである。

親魚の部 西大関 高津克人氏出品魚

二歳魚の部 東大関 青木浩一氏出品魚

東部本部大会は支部対抗戦があり、日らん常連の青木さんも出品!見事に東大関を獲得された。

二歳魚の部 西大関 斉藤太郎氏出品魚

当歳魚の部 東大関 荻谷冨士夫氏 出品魚

当歳魚の部 西大関 稲村俊明氏 出品魚

当歳魚の部 立行司 大久保義彰氏 出品魚

当歳魚の部 取締一 室岡賢治氏 出品魚

当歳魚の部 取締二 秋元和男氏 出品魚

当歳魚の部 東関脇 壁谷俊彦氏 出品魚

当歳魚の部 西関脇 野口正樹氏 出品魚

当歳魚の部 東小結 中村正志氏 出品魚

当歳魚の部 西小結 野島隆一氏 出品魚

当歳魚の部 勧進元一 加藤貞信氏 出品魚

当歳魚の部 勧進元二 丸山克昌氏出品魚

当歳魚の部 行司一 稲村俊明氏出品魚

当歳魚の部 行司二 目黒康弘氏出品魚

当歳魚の部 行司三 大渕 功氏出品魚

当歳魚の部 脇行司一 野島隆一氏出品魚

当歳魚の部 脇行司二 小山内 撤氏出品魚

入賞魚が並ぶ頃には雨脚は強くなり始めたが、皆さん、熱心に入賞魚を見学されていた。

芝公園は雨が降ると地面の水はけが悪く、ご覧の通り(汗)

それでもやはり、入賞を果たした魚を目にすることは審美眼を鍛えるためには大切なことである。

 

撤収もスムーズに進み、表彰式が終わったのは午後3時を少し回ったところ!

支部団体戦は房総らんちう会が平成27年度の大会に続き、二連覇を達成された。第二位は楽友らんちう会、第三位は葛飾愛魚会であった。

房総らんちう会はメンバーの顔ぶれも良く、来年の東部本部大会もかなり強いのは間違いない。どこが房総らんちう会の連覇を阻止できるか?それもまた新たな注目点となった。

東部本部所属の各会員の方々は大雨、強風前に家路に着くことが出来たことだろう。

中部本部、西部本部所属の愛好会では台風の影響で大切な本大会を中止することとなったことは残念だが、やはり会員の方々が安全に来会、帰宅できない状況が予想される場合は中止の選択が良いのだろう。

今後の週末に台風が来ないことを祈りたいが、これだけは運を天に任せるしかない。

東部本部大会所属の会員の方々は昨日、無事に大会が開催された幸運に感謝したい。

今週末は横浜観魚会の本大会である。