全身体内光メダカ

体内光メダカが体の後半、内臓の後ろあたりからが光るのに対し、その光り方がより拡がったものをスーパー体内光、さらに範囲を広げたものを全身体内光と呼ぶ。

普通の体内光に比べると、より豪華な姿をしている。
最近では北斗と交配したことで、ここまで体内光の表現が変化したものもいる。北斗が交配されているものは、黒い背中のラインを見せる。岡山の小寺系などがその代表である。

やはり、上見の状態で最も特徴を表す品種である。
底の黒い容器で楽しみたい。

特徴である体内の光も、入り方や色合いにバリエーションがある。

蛍光っぽさは抑え気味なものの、黄色みの強いものから青っぽいものまでいろいろ見られる。

こちらは浜松猫飯作出の緑光全身体内光

緑の色合いにこだわって作られた。
独特な色合いが特徴だが、白い容器で見ると

体側の光り方も特徴的な表現をしていた。

光り方も全身びっしりなものから斑らに入るものなど

そして体内光は幹之の体外光をなくす方向で改良が進められたが、ある程度入る分にはよいアクセントになる。

ひとくちに全身体内光といっても、いろいろな好みに分かれる姿があった。

そしてこちらは行田淡水魚産

全身体内光に普通の体内光を交配したもので、緑色がかった体後半の色合いを持つ姿が作り出されており、この組み合わせは盲点であったと驚かされたものだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です