カクレクマノミ

元々人気のあった魚ではあるが、アニメキャラクターの影響で爆発的に人気が高まったカクレクマノミ

鮮やかなカラーリングとユーモラスな動きの可愛さには人気の高さもうなずけるところである。
最近では養殖個体もコンスタントに流通するようになり、親指の先ほどの幼魚が群れている水槽もよく見かける。

一般的な明るいオレンジの体色

広い分布行きを持ち、地域型のような体色のバラエティも知られる。
黒みの強いブラックオセラリス

バンド模様にもバラエティが見られる

そして選抜交配によるブリーディングにより驚くような姿も
真っ白なプラチナオセラリス

真っ黒なミッドナイトオセラリス

それぞれ部分的にオレンジや白が残っていたりと、こちらも個体ごとのバラエティがある。

また、カクレクマノミによく似たペルクラ

そっくりではあるが、黒の縁取りや見慣れてくると顔つきも少し違う。

こちらもバラエティがある

ブリーディングされた白の面積が大きいタイプや、野生でも黒の面積が広いものなどもいる。

どちらもイソギンチャクと飼うと、触手の中を出入りする様子を見ることができる。

どちらも人気の高まりと共にカラーバリエーションも増え、見る個体どれもが可愛く、コレクションしたくなる。
ただ、クマノミの仲間は雌雄でペアを組むと他の個体を追い払うようになる。相性が合わないとケンカをすることもあるので、後から個体を追加する際には注意が必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です