垂水政治氏からのメダカ、“女雛”

メダカ交流会inエヒメの会長を務められる愛媛県在住の垂水政治氏の飼育場を訪れたのは、先月中旬の事である。

垂水さんの作られた“夜桜”、“女雛”は、メダカ愛好家垂涎の的となっているのだが、作出者の垂水さんが、完成の域に達した“夜桜”、“女雛”より、さらにそれを進化させる方向に興味があり、それぞれをさらに交配を進めているのである。

色々なメダカを飼っている自分だが、この“夜桜”、“女雛”、特に“女雛”に興味があり、垂水さんに「譲って!」と事あるごとに言っていたのである(汗)

そして、先週、垂水さんから“女雛”を送って頂いてしまった(笑)

開けてみると、典型的な“女雛”が!

サイズはまだ2cmほどだが、元気な“女雛”を譲って頂いた。新たなメダカが来て、久々に嬉しくなってしまった!

この柿色と称される独特の色合い、魅力的である!

新しい品種は、気に入った品種を選べばいいのだが、やはり、その品種を作った人のセンス、忍耐力があってのこと、そう簡単に人に感動を与えるメダカは作れないのである。“女雛”を作られた垂水さんに感謝である。

合計5匹を頂いたのだが、今日、初めて一粒の卵を付けているメスを確認!また明日から楽しみが増えた!

さて、メダカ交流会inエヒメ、今週から新たなブログを立ち上げられた。

http://eoktno.blog.jp/archives/2478946.html

リニューアルオープン記念でプレゼント企画も行われている。

活発な活動と魅力的なメダカを作られるメンバーの多いメダカ交流会inエヒメ、是非、魅力的なメダカの情報をこのブログからご覧いただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です