あけぼの、雲州三色、“越前三色”…非透明鱗三色のメダカたち

島根県出雲市にある『雲州めだか』が作る雲州三色…「今年は突っ走るだろう!?」という大方の予想通り、いや予想以上に注目を集め、ヤフーオークションでは凄い注目度となっている。

このブログの閲覧数も凄いことになっており、今でも雲州三色への注目度は非常に高い2017年のメダカ界となっている。

この朱赤、白、墨(黒)のメリハリが雲州三色の魅力である。

こちらも雲州三色

雲州三色がここまで知られる前から非透明鱗三色として知られていたのが、このあけぼのである。

あけぼのも十分に魅力的な非透明鱗三色のメダカで、作出者である小寺氏の作られるあけぼのは朱赤色も濃さを増してきている。写真の個体は福山市の須賀さんが繁殖させた個体である。

こちらもあけぼの、

この個体もあけぼのである。

雲州三色、あけぼの以外にも非透明鱗三色には様々な系統が知られている。“万葉三色”は未だ個人的に撮影していないのだが、よく知られた非透明鱗三色の1系統である。

ヤフーオークションでも時々、非透明鱗三色が出品される。

ここから紹介させて頂くのが、“越前三色”というブリーダーネームが知られる福井県の池田さんの作る非透明鱗三色である。

“越前三色”である。完成度の高い非透明鱗三色である。作出過程は白ブチメダカの中に体色に黄色が入る個体が見られたそうで、それを選抜して累代繁殖されたそうである。その中から朱赤色が濃いものが出てきているのである。

こちらも“越前三色”、表現はもう十分に完成の域に達していると言えるだろう。

こちらも“越前三色”

こちらも“越前三色”である。素晴らしい表現である。

こちら、二年前に“非透明鱗三色”という呼称が使われたメダカである。朱赤色は淡く、黄色という表現になるだろう。

二年前の初期の“非透明鱗三色”である。

こちらも二年前の初期の“非透明鱗三色”。

そして、こちらは、灯から出現する“非透明鱗三色”である。非透明鱗三色として十分通用する表現になっている。

こちらも灯から出現する“非透明鱗三色”、これを非透明鱗三色とは呼んでいないので、ダブルアポ付きの“非透明鱗三色”と記すことにした。

こちらも灯から出現する“非透明鱗三色”である。

「そもそも何が非透明鱗三色なのか?」と言えば、通常の普通鱗ではなく、透明鱗でもないものを“非透明鱗”と呼ぶようになっているのである。「頬が透けていることで透明鱗」という考え方が以前からあったが、パンダと呼ばれる透明鱗ならまだしも、現在、多くが知られる透明鱗は、厳密に言えば透明鱗と普通鱗が混在する、メダカでは使われない言葉だが、モザイク透明鱗という言葉が最も相応しいのである。

この“非透明鱗”の系統が持つ独特な透明性は、幹之メダカ由来である。現在の“非透明鱗三色”には、その割合は別として、祖先にいつかどこかで幹之メダカの血統が入れられているのである。普通に知られる幹之メダカにある独特な透明感は、ラメ光沢を移行すること、そして、三色の表現を持つものにも影響を及ぼしたのである。

白ブチメダカの中で“スミレ”と呼ばれるものがいるが、本物の“スミレ”であれば、多数を繁殖させて入れば、幹之メダカからのグアニンの輝きがヒレ上などに現れるものがいる。例えば、“越前三色”は白ブチメダカからと言われているが、“スミレ”の系統だったと推測できる。

“非透明鱗”を自分で作るなら、灯系統を使う方法、あるいは透明鱗三色と幹之メダカを交配してF2の中から候補の種親を得る王道の方法がある。現在、入手できる黄色系、黄金系と呼ばれる“非透明鱗三色”をお持ちであれば、透明鱗三色の中で朱赤色が濃いもの、透明鱗三色の累代繁殖個体の中からよく出現する普通鱗の赤ブチなどと交配されると良いだろう。

「人気の“非透明鱗三色”のオリジナルを作るぞ!」という目標を持ち、改良メダカ作りの醍醐味を一人でも多くに愛好家に楽しんで頂きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です